topimage

2011-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判員制度 - 2011.05.24 Tue


昨日、勉強会のブログを書こうとアクセスしようとしたら、アクセス困難で待っているうちに

夢の中に突入していたあわやさんです。




月曜日にあるβ班の勉強会が「裁判員制度」で、発表者は辻野君です。


辻野君は1回生のほぼ終盤に入ってきたため、政研で勉強会をするのが今回が初めてだったので

どんな勉強会になるか楽しみでした(≧∇≦)




裁判員制度は国民の司法の参加を促進し、国民の健全な社会常識を入れて裁判を行うため、

国民が裁判員としてプロの裁判官と一緒に重大な刑事事件に限り裁判をする制度のことです。

(かなり簡略化しましたm(_ _)m)




メリット・デメリットがありましたが辻野君は裁判員制度に対して否定的な立場でした。


おおまかな理由として同じような事件が発生し、裁判になったときに裁判員によって異なる判決を

出すと今まで培ってきた判例の「正義」の基準にブレが生じるため

(こんな感じだったかな)




法学部である辻野君は裁判員制度を法学部らしい分析をおこない、意見を主張していたので

政策創造学部である私にとって新鮮なものでした!


法学部なので法律を勉強していることはあっって「正義」という言葉を使っていることが

印象深かったです。


勉強会後、辻野君は「いや~、やってる最中、頭まっ白でした」と言ってましたが、

堂々と発表していて、むしろ余裕あるんちゃうかと思わせるくらいでした。


将来が楽しみですな!!!


あわやさんしるす
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

政研公式ホームページ

プロフィール

政研の部員

Author:政研の部員
関西大学生

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (59)
イベント (3)
勉強会感想 (12)

アクセスカウンター

いらっしゃいませ!

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。