topimage

2013-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後期合同勉強会 - 2013.01.13 Sun

久しぶりの更新です。


政治学研究部の勉強会は
ホームページの活動内容の通り、今までは週2~3回で行っていました。


しかし様々な理由もあり
「勉強会を合同で行う形をとってみてもよいのではないか?」
ということで試験的に、今回‘合同’勉強会を行いました。

複数人数分の勉強会を1日で、一括で行うというものです。
2グループに分け同時にスタートさせ、小休憩をはさみつつ消化する。
その際、発表者が先に通知してきた勉強会のテーマを参考に、参加する勉強会を選択することができます。


(……自分の日本語運用能力の低さが如実に現れるわかりにくい説明ですね…)



今回でしたら
1コマ目に、吉本さんの「政党内閣の終焉―戦前の二大政党制―」黒川さんの「教育委員会制度」
2コマ目に、辻本さんの「非民主制を民主化からどう守るか」松村さんの「ソーシャルメディアと政治」
3コマ目に、太田さんの「政権交代~自民党と民主党はなぜ政権を失ったのか~」
が行われました。


試験的な合同での勉強会ということで、
ここから得られた様々な課題や収穫をもとに、
来年度以降の勉強会のスタイルを築きあげていくことになります。



僕が参加したのは、黒川さん・松村さん・太田さんが発表者の勉強会です。
以下に述べるのは全て、僕自身の、勉強会を聞いた上での感想なので発表者の意図するものとは違う可能性があります


黒川さんの「教育委員会制度」は
滋賀県大津市のいじめ問題等での隠蔽体質や、その委員会の存在意義が疑問視されているなか、
具体的にどのような組織運営がなされているのか。
長所及び問題点を洗い出したうえで、今具体的に提案されている改廃論をとりあげたもの。


松村さんの「ソーシャルメディアと政治―新しい民主主義は実現可能か―」は
ここ近年活発な「ソーシャルメディア」の概要と特徴を述べたうえで、
ニコニコ生放送で行われた主要政党の党首討論、
反原発デモ動員者数増、ネット選挙解禁への動き等
‘民主主義への良い働きかけ’を挙げる一方で、
そもそもネットで生まれる議論の有効性への疑問視、
意図しない形での拡散炎上、ソーシャルメディアそのものに対する信頼感の低さ等の
問題点を挙げてありました。


太田さんの「政権交代~自民党と民主党はなぜ政権を失ったのか~」は
政権交代の背景には「景気不振」という要素が大きく存在するのではないか、という視点のもとに
史実での政権交代の背景には、
極端な気候変動等の天変地異によって食料の安定生産・供給ができなくなったことに原因があるのではないか。
そしてそれは現在で言うリーマンショックや円高等による景気不振にあたるのではないか?
というプロセスで、非常に多くのデータを参考にしてありました。

4回生の太田さんは、この勉強会で最後となりました。
僕個人としては1年間のお付き合いでしたが、
色々なアドバイスや斬新な切り口(?w)をたくさんいただきました。
本当にお疲れさまでした。



ということで皆さん改めて気づかれたと思いますが、
勉強会の方針は
各々が興味を持った問題を政治的側面からとらえれば、基本的に内容不問なんです!


ですから、議論の幅も非常に広いですし、
勉強会ごとに新たな視野も得られると思います!


このブログをご覧の方は是非政治学研究部にいらっしゃってください。
「いきなり行くのは…」という方も気軽にこのブログのコメント欄からでも質問等投げかけてみてください。


あ、あと皆さんが思ってるより全然堅苦しくないと思います!(暴露)
僕も最初はガチガチなのかな…と思って入部した記憶がありますが(笑)
実は野球の話も結構できたりして


これから秋学期の試験勉強があるため(・。・)
2月初めまでは更新しない事になりますが、閲覧者数が増えていることを祈りつつ………(笑)

ではでは!


スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

政研公式ホームページ

プロフィール

政研の部員

Author:政研の部員
関西大学生

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (60)
イベント (3)
勉強会感想 (12)

アクセスカウンター

いらっしゃいませ!

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。